<< 天安艦事件の結論はこれだ! ろうそく集会を追憶する >>

天安艦陰謀論について思うこと

筆者は天安艦被撃による犠牲者たちには憐憫を抱いているにもかかわらず、調査結果が出るまでは事件そのものについてたいして関心を持たなかったほうだった。理由は次のとおりだが、天安艦の沈没が北朝鮮の行いでないとすれば、たしいて意義のある事件だと見ることが難しく、北朝鮮の行いだとすれば、いかなる直接的情報も接しえない民間人の立場からは正式調査結果が出るまでは迂闊な予測を自制することが望ましいと考えたからだ。したがって調査団の発表によれば北朝鮮の行いということが確実になった現在の視点に来て、天安艦被撃について思いを綴るくことができるようになった。

調査以降に出ている反応の中で興味を惹くものが、天安艦被撃への一角の反応である。私としては今まで調査団が発表した内容は、合理的常識人なら収容できる十分な根拠を提示していると考えている(ペンで書いた文字がユーモラスなのはたしかだが、調査団が直接書いたわけではない以上、ハングルで部品表示をしておく国家が北朝鮮のほかにあり得るか?)。すでに○○○氏が「責任を問うのも良し、異見を提示するのも良し」という文でとても適切に指摘してくださったが、「陰謀論はつねに『権力の愚かさ』を『権力の全知全能さ』だと勘違いすることで発生する」という鋭い指摘は再び引用する価値があるので、この文で再言及しておきたい。ほかの多くの合理的根拠の代わりにペンが強調されたことはたしかに「権力の愚かさ」かもしれないが、それが各国の人事たちの目をすりぬけて調査結果を操作できる「権力の全知全能さ」に繋がるものではない。また、陰謀論それぞれへの反論は△△氏が「様子がおかしいもので」という文でわかりやすくまとめてくださっている。

私が一番気になる点は次のようなことだ。もし調査団の発表が陰謀による操作だと主張するなら、これはまた別の質問を内包していることになるが、「本当に天安艦を沈没させた主体は誰か」という質問がそれである。そしてこの質問はイミョンバク政府に対する好き嫌いに関わりなくとても不愉快な答え<政府の自作劇>から「比較的」常識的な(比較的に注目願いたい)答え<米軍のミス>まで、そのバリエーションが枝分かれされるが、どれを取ってもオッカムの剃刀という原則から外れる非論理的推論だという点は同じだ。しかも推論の非論理性は置いておくとしても、非論理的推論まで動員して死亡した将兵たち(今、筆者は意図的に「殉国」という表現を使っていない。天安艦に搭乗していた大多数の将兵はきっと生きたかったはずであり、そのため今回の事態の主犯は厳密に解明し、責任を負うべきであろう)に対する憐憫より、政府に対する自分の嫌悪を表出することは、あまり人間的な姿勢とは思い難い。陰謀論を提議する者たちは犠牲者たちの報いを払わせるために本当の主体を探しているのか、それとも犠牲者を理由にして自分の不満を表出するための対象を探しているのか?

もちろん、調査団の意図せぬミスにより見当はずれな結果が出た可能性が完全にないと100%言い切ることはできないが、少なくとも調査団の故意的陰謀により結果が操作された可能性は0%に近いと言いきることができる。筆者が見るには陰謀論を提議する人々の世界観はとても単純なものに見える。つまり、彼らによれば調査団と政府、国防部の関係者らはすべて国家的陰謀というおぞましい秘密を作り共有できるほどに同一な利害関係を共有しており、同一の世界観を持っていることになるが(もしこのような一致がなされないとすれば、決して謀議は成就できないであろう)、問題は現実はそうではないという点にある。筆者が保守のシンクタンクである韓半島先進化財団の関係者から私的な経路で聞いたかぎりでは、財団で主催した天安艦関連討論会で退役将星らと保守言論関係者たち、現職軍将星らがお互い別々の声を出したと言う点を明かしておくとして、イミョンバク陰謀論を主張するたよりない人々のために付け加えるなら、政府のシグナルを送った現職軍将星はむしろ慎重で合理的な対応を強調したという点を言及しておくべきだと思う。





天安艦沈没当時(27日午前1時)イドングァン首席は「北朝鮮との連携可能性について、今の時点では予断ができない」と発表し、キムウンヒェ青瓦台代弁人は「北の連携の是非はたしかではない」と発表しており、これを受けて朝鮮日報は27日「当初憂慮した北朝鮮軍の挑発による可能性は低いと知らされた」と報道した。また中央日報は30日「青瓦台は'なぜ北朝鮮だと決めつける。違うならどうする'と激しい反応を見せた」と報道した一方、デイリアンは「北朝鮮の連携可能性は源泉的に遮断しようとする青瓦台内部の雰囲気」と報道したが、これをはたして陰謀を企てる一致団結した保守勢力の動きだと見ることができるのか?頭の弱い一部の政治屋たちが調査結果発表以前の視点から対北打撃を云々する気の早い行動を見せたのは事実だが、政府の対応はこれと違ったと言う点を想起する必要がある。筆者はイミョンバク政府をとても嫌っているにも関わらず、少なくとも政府の対応は、一部至らぬところがあるかもしれないがとても合理的で適切だったと思える。そしてこれは好き嫌いに関わらず、一国を率いれている政府に対する最小限の信頼は維持させてくれるものだった。筆者としては、イミョンバク政府に対する無信頼から起因した過度な叱咤は、かつてのキムデジュン―ノムヒョン政府が北朝鮮に国を売りさばくと非難した守旧派の陰謀論と同一レベルだと考えている。

通念と違い、9.11テロ当時にブッシュ前米国大統領は、国民に聖戦のための入隊を扇動しておらず、みんながその場で安心して買い物を熱心にしてくれることを注文した。これはBenjamin GinsbergがDownsizing Democracyで指摘している内容であり、ブッシュ前大統領のこのような行動は市民の広範囲な動員自体を恐れており拒否する個人的、保守的民主主義の当然の帰結だという点を話している。したがってノムヒョン政府時代にこのような個人的、保守的民主主義への移行がある程度完結したと考えている筆者は、天安艦被撃発生直後のイミョンバク大統領もまたブッシュ前米国大統領と同じ方式の対応を取るだろうと予測したが、強硬な保守的人事たちもまたイミョンバク大統領が国民を受動的存在にしたままで総力安保体制のための動員を行わないと不満を表出しているところを見ると、筆者の予想が当たったようだ。ここで話そうとしている点は筆者の当たり運の良さではなく、政治学的脈絡を考慮しないままに即自的なポピュリズム的世界観に基盤する陰謀論を排撃すべきだということだ。世の中は決して「ビッグブラザーと神を兼業する支配者」と「多重知性でこれに立ち向かう被支配者」の構図で構成されてはおらず、幾多にも交差する葛藤構造と亀裂で構成されているのだ。

もちろんこのような話とは別として、陰謀論ではない、調査過程の至らなさや意図せぬミスについては絶え間ない指摘が必要だろうし、これは調査の質をずっと高めてくれるだけでなく責任を問うこともずっとやりやすくしてくれるだろう。また、○○○氏のおっしゃるとおり、韓国社会に蔓延する低信頼は克服すべき課題であるのがたしかだ。筆者は○○○氏が指摘してくださったように、このような低信頼が蔓延した現象は市民の品性問題というよりは政治的亀裂の抑圧の問題だと考えている。そのような面で、今のところは安保を理由にして異見を抑圧する雰囲気を積極的には助長していないイミョンバク政府の歩みは国家を運営する主体として相当の責任感を見せてくれているのだと考えており(今までは問題が山積みだが、少なくとも今回の事件にかぎって見せてくれた姿は、ノムヒョン時代のいわゆる「青瓦台タリバン」グループに比べればかなり立派だと思う)、むしろ迂闊に逆北風を主張する勢力の国政についての責任感のほうが疑わしい。いったいこのような者たちのどこを信じて国政を任せられるというのか?筆者はイミョンバク政府は必ず次の大選で交替されるべきだと考えているが、政権を移譲される人々が責任感を担保しないまま政治工学を掲げる姿を見ると嘆かわしいかぎりだ。

改めて、いかなる歴史的大義も持っておらず人民を搾取する独裁国家の奇襲攻撃により冷たい西海の底に水葬された、まもなく民主主義社会に復帰する運命だった、そして地方選挙で投票ができたはずの将兵たちの冥福を祈りたい。

ps)ジンジュングォン(陳重權)が『ホモ・コレアニクス』で指摘した内容<責任主体を見つけて処罰しようとする思考方式は前近代的思考方式であり、近代的で理性的な思考方式はまず事故の原因を見つけてそれを是正することである>は進歩派が熟知している内容だと思っていたが、必ずしもそうでもないようだ。
[PR]
by no_kirai | 2010-05-22 01:49
<< 天安艦事件の結論はこれだ! ろうそく集会を追憶する >>