タグ:笑えない話 ( 9 ) タグの人気記事

大韓民国特殊任務遂行者会


久しぶりに別ブログのコメント欄を見たら、特殊任務遂行者会のことが話題になっていたようなので。

彼らの「特殊任務」はこういうことです→ ここまでするか!2MBの小賢しい妨害作戦(6月6日に書いた記事)

5日の午前までは彼らのウェブサイトに「大統領に呼ばれて食事をしたことを知らせる写真と記事」が誇らしく
飾ってあったのに、「特殊任務」の直前いきなり削除していることには笑いました。(関連記事/ハンギョレ)

More
[PR]
by no_kirai | 2008-08-04 21:43 | 牛肉協商と李明博政権

我らが警察庁。我らがオチョンス

[σ] 警察庁は18日、国際アムネスティのロウソクデモ人権侵害事例調査結果発表に対して「韓国の実情法と暴力デモの実情についての理解が不足しており、客観性と公正性が欠如している」と強い不満を表した。警察庁はこの日の午後、「国際アムネスティの調査結果発表に対する警察庁の立場」という資料を提出し「アムネスティの調査結果は違法暴力デモ主催側の一方的な主張が殆ど反映された」と主張した。

警察はまた「ノマ・カン・ムイコ調査官は集会、デモ現場調査時に、過激な暴力デモが発生した日には現場に出ておらず、宗教団体が主導した平和集会があった7月4日と6日に把握した状況を全般的な状況だと判断して遺憾だ」と主張した。続けて「アムネスティはロウソク集会が主導者のいない自発的な平和集会だと主張するが、進歩団体が今年の初めから緻密に準備したものだ」と話し「夜ごと都心交通を麻痺させ、鉄パイプを使用する違法暴力デモを'平和的'だと見る視覚には同意できない」と強調した。(中略)

これに対して国際アムネスティ関係者は「警察の発表文にはムイコ調査官が2日しか現場に出なかったとしているが、これは事実と違い、実際は6回出ている」と話し、警察側の主張に反駁した。彼は「特に12日には、警察側の案内で対峙する現場に出て長時間の調査を行ったが、警察が発表文でこれさえ伏せたことは、とても理解しがたい」と話した。

More
[PR]
by no_kirai | 2008-07-24 19:33 | 解説 & 番外記事

暴走をやめない理由

アリストテレスがこんなことを話したという。

統治者達は民を貧しくさせる。
民は食いつなぐために、陰謀を企てる暇もない。
エジプトのピラミッドがその典型である。


現代において、この方法が最も決まった国が北朝鮮だと思う。
(そんなに人々が苦しいのに、なぜ反乱が起きないのか、という話)
そしてそんな北朝鮮を見て、アイデアを得た政府が、李明博政府ではないだろうか?
デモに対する批判、労働運動に対する批判には、常に「食いつなぐことの重要さ」が含まれる。
もしかすると、上では、もっと食いつなぐことを難しくさせなければ・・・と、思っているのかも知れない

もちろん冗談です。真面目に反応しないでください。

Re : 冗談だと思うには、あまりにもリアルです…

[PR]
by no_kirai | 2008-07-18 19:14 | そのほかいろいろ

この地に真実はないのか

農心会長「検察がヌリクンを告訴しろと慫慂した」と暴露 原文
検察の道徳性に致命的打撃…「朝鮮日報支局」論争の再燃

検察が朝鮮日報など所謂朝中東保守新聞に広告圧迫運動を行うヌリクンを捜査しながら、 農心の会長に「ヌリクンたちを告訴せよ」と慫慂した事実が暴露され波紋を呼んでいる。法の執行者の検察が企業の総帥にヌリクンを告訴してくれと求めることは検察の道徳性に致命的な打撃を与えることで、真相を徹底的に究明し、そのような慫慂をした当事者を拘束・処罰すべきという声が高い。

また検察が権力の犬ではない保守言論の犬という汚名を負うことになり、再び検察が「朝鮮日報の瑞草区支局だ」という論争が再燃する見込みだ。

ソン・ウク農心会長は、15日ソウルフラザホテルで開かれた企業革新経営戦略発表記者懇談会にて「近頃、検察が不買運動をするネチズンを告訴せよと薦めた」と話し「検察が不買運動による売り上げの損失など被害状況を聞きつつ、該当ネチズンを告訴したらどうだと言ったが、忠告を聞き内部的に反省することが摂理だと思い断った」と話した。ソン会長は続けて「不買運動を行う顧客が少数でも、少数の意見も重要だ」と話し「(検察に)私達は顧客の声を聞き入れ、告発を検討しないと話した」と述べた。

これに対して農心の高位関係者は「先週、検察捜査官が会社を訪れ<なぜ告訴しない>、<なぜ協調しない>などの話をしたと、告訴を慫慂するほどだったと話した。これに対して検察関係者は「農心に対して捜査官が訪問調査を実施した事実はあるが、告訴を薦めたことはない」と話した。

More
[PR]
by no_kirai | 2008-07-16 04:18 | 解説 & 番外記事

<朝鮮日報>の記事の書き方


盧大統領「民生破たんは現政権に責任なし」(2007.01.24)

ご覧の通り、「民生破綻は現政権に責任なし」という見出しの記事である。

(当時、1面に大々的に載った)

さて、この対国民新年演説の、元の発言を見てみよう。

More
[PR]
by no_kirai | 2008-07-12 01:22 | 朝中東と韓国言論

売り切れたという米産牛肉の裏側

米牛肉本格販売開始…もう売りきれました

SBS(訳注:李明博ライン、事例は後ほど)曰く、アメリカの牛肉が販売初日から盛況で、売り切れたといいます。
始興洞の某精肉店を取材したというファクトです。上記のSBSニュースで、精肉店をよくご覧になってください。

米牛肉流通、6時間で200kgが売り切れ

この記事によると始興洞のその精肉店がエイミートの直営店であり、そこで200kgを試販したということです。

(記事中)米産牛肉・肉類輸入業態のエイミートのパク・チャンギュ代表は、ソウル始興洞本社直営精肉店で、
米産牛肉200kgほどを試験的に販売したと1日、明かした。


ちなみにエイミートのパク・チャンギュ代表は輸入肉協会の臨時会長です。
つまり、米国牛肉を輸入する業者の代表です。

More
[PR]
by no_kirai | 2008-07-09 05:26 | 牛肉協商と李明博政権

中高生を怖がる青瓦台(大統領官邸)…ろうそく接近禁止

"こんにちは!"

約20名の高校生、中学生が一斉に叫ぶ挨拶は高く明るかった。21日、青瓦台付近のソウル鐘路・清雲洞事務所前、青瓦台へ行き誰にでも話したいこの気持ちを表現したいという考えでここまで来た者たちは「ろうそく少女」たちだった。インターネットコミュニティ「ろうそく少女のコリア」で「ろうそく少女ガチ勝負同時多発1人デモ」を計画してきたのだ。

しかし10分も経たず明るかった表情は暗くなった。突発的に登場したろうそく少年、少女達に驚いた警察が瞬時に彼らを包囲したからだ。結局、戦闘警察部隊の警察バスと盾で道を防がれた彼らは、「ありえないし、とてもむかつく」という反応を見せ、一部はすすり泣いた。

実は彼らが清雲洞事務所の前まで来た理由も、あり得ない理由からだった。元々青瓦台前の噴水台に行こうとしていたが、そこへ行く市内バスだった8000番バスが午後12時以降突然中断されたからだ。

この日の午後12時、8000番バスに乗り青瓦台前の噴水台へ行こうとしていた6名の市民達は既にバスに乗っていた私服警察と付近で待機していた警察の制止でバスとともに来た道を戻らなければならなかった。警察は「犯罪が予想される」と言いつつバスを止めた。「予備犯罪者」として扱われた理由は、着ていた服につけたシールと、一部が着ていた「ろうそく少女」Tシャツだけだった。それからバスは「無期限」運行中断となった。

More
[PR]
by no_kirai | 2008-07-08 09:42 | ろうそく集会(デモ/文化祭)

実体が表れたハンナラ党の「コメントバイト」 (2/2)

実体が表れたハンナラ党の「コメントバイト」に追加。

以下はハンギョレ21の'ハンナラ党バイト'がオフラインにも登場という記事(4月7日)の途中から抜粋しました。


起訴内容を見ると、ソン氏は去年7~8月女子大生12名にポータルサイトに載った30個ほどの政治記事にコメントをつけさせた。日給は5万5千ウォンだった。'バイト'達は全て9717個のコメントをつけた。該当する記事は全てポータルサイトの'人気記事'に上げられた。全て李明博候補に友好的な記事だった。ある記事はバイト生が290件のコメントをつけ'その日の最多意見ニュース’項目の9位にまで上げられた。

釜山海雲台警察署サイバー犯罪調査チームがこのコメントたちに注目した。記事の内容とは関係のないコメントが暴走していたからだ。事件を担当したパクジホ警衛(訳注:日本でいうところの警部補)は「当時もコメントのバイトの存在は知れ渡っていたため、最初からバイトだと疑った」と述べた。ソウルに来て会ってみると全て女子大生であり「バイトか」と聞くと「そうだ」と打ち明けたという。「雇い主」のソン氏も会ってみたが、彼も嫌疑内容を素直に認めた。

ソン氏がバイト生らに渡した金は全額1390万ウォン。ソン氏は金の出所について「友達から借りたお金」だと主張している。借りまで作って特定候補を助けた「単独犯行」だというのだ。警察が「借りまで作ってなんでこんなことをしたか」と聞くとソン氏は「こういうことをすると、後から政治的な補償を受けられるだろうと考えた」と答えた。警察が請求した拘束令状は逃走の憂慮がないと却下され、検察はソン氏を起訴するレベルで捜査を終結する計画だ。バイトたちの場合は初犯の上に雇われただけということで起訴されなかった。

去る大統領選挙の期間中、ネットユーザーは選挙法の前に怯えた。今回の国会議員総選挙も例外ではない。大選の時に李明博候補を批判する内容の自らの製作物(UCC)を上げた大学生キムヨンス氏(<ハンギョレ21>第687号が報道)は長い裁判の末、3月31日に罰金80万ウォンを宣告された。裁判部は「言論にすでに報道された内容をそのまま伝えたとしても、特定候補を当選または落選させる意図でUCCを作ったため」だとし、有罪宣告の理由を明かした。これに対してイジヒョン参加連隊の議政監視センターチーム長は「選挙期間の間、個人が特定候補や政党に対して意思表現することは防ぎ、金をもらって世論操作をする目的で働くコメントバイトは、こうやって軽く扱うのが正当なのか疑問だ」と述べた。

自分の正直な政治的主張を広げた大学生は有罪宣告を受けるが、「コメント軍団」は許され「コメント指揮者」は出馬までした。(訳注:前略した部分)こんなやり方では、これからはインターネットにあふれる政治関連掲示物の中で、何が本当で、何を疑うべきか、わからなくなる時代が来るかも知れない。
[PR]
by no_kirai | 2008-07-03 23:44 | 解説 & 番外記事

現イミョンバク政権は、「アカ政権」だった!

色論を参照。

以下引用

More
[PR]
by no_kirai | 2008-06-27 01:20 | そのほかいろいろ