「ほっ」と。キャンペーン

タグ:独島 ( 2 ) タグの人気記事

暇だし独島(*竹島)の話でもしましょう

*9月2日。誰かさんのブログ。

去る30日に行われた日本の総選はかなりのビッグニュースのようだ。私もいろんな通路で日本の政治や歴史についての生齧りながら知識を得てきたが、日本の現代政治至上初の政権交替の歴史的意味がどれほどものか、実感を得ることは難しい。いろんな記事や寄稿文を読みながら漠然とした'羨ましさ'を感じてしまう気分が、少し恥ずかしかったりもする。(訳者の戯言:韓国は政権交替が頻繁になされる正常な民主主義国家だと思っているような友人がいるが、ちょっと正常な政権交替だったというのは難しいし、奇跡的なめぐり合わせというか、実際に国民の意思で政権交替を成し遂げたというようなものではないのだが、この話は別の機会にというかいずれしなければならない)

ハンギョレに載ったある日本人教授の寄稿文にて言及されているように、日本の政権交替に対する韓国の高い関心は、若干驚くべきことだ。私から見ると、その理由の相当な部分は、歴史清算問題の解決への期待のせいのようだ。民主党の政策の中で自民党と目だって対比する部門が対外政策だが、対韓政策もまた、歴史清算問題においてそうだ。ハンギョレの記事らを見ると、殆どが靖国神社参拝問題、従軍慰安婦反省-報償問題を主に言及している。靖国神社参拝問題は日本の極右政治人らが'暇あるごとに'想起させてきた問題であるし、従軍慰安婦反省-報償問題は、韓国の進歩的市民社会から'暇ある暇もなく'しつこく提議してきた問題だ。

考えてみると少し不思議に思えるが、総選の結果と韓日歴史清算問題を扱う記事の中で、独島関連記述が殆どない。保守的、改革的言論をすべて当たってみたがあまり目立たない。歴史清算問題に関して多くの関心を見せるハンギョレもまた同様だ。独島問題はここ数日、活発に扱われたが、WSJ関連記事のせいだった。東海表記問題と一緒に独島問題もまた浮上したのだ。

私の考えでは、韓日歴史清算問題の中でもっとも昔から引っ張っており、またもっとも重大な問題は独島問題だ。だからもっとも敏感な問題の一つでもある。あまりにも敏感なので触れられないとでもいうのだろうか?

More
[PR]
by no_kirai | 2009-09-08 03:38

独島、知らないうちに繰り返される歴史

ワシントン特派員として勤務していた2005年3月、ワシントン近隣のアメリカ国立文書記録管理庁(NARA)を訪ねた。そのときも韓-日間に独島領有権が争点になっていたため、アメリカ政府文書からこれに関連する記録を調べるためだった。何日間も山積みの過去文書を漁ったが、特に新しい記事のネタは見つけられなかった。しかし1945年の解放直後から、51年サンフランシスコ平和会談の時までの米国務部文書を読みながら、独島問題を改めて学ぶ良い機会にはなった。学会では常識に属するが、国務部が最初に作った平和条約草案らには独島が韓国領としてはっきり表示された事実、これが49年12月に作成された草案から日本領に理由もなく変わった事実、しかし51年の平和条約では独島が韓国領なのか日本領なのかに対する言及が抜けてしまっているという事実を、そのときに知った。

More
[PR]
by no_kirai | 2008-08-06 07:06 | 解説 & 番外記事