「ほっ」と。キャンペーン

狂牛病の危険性と、協商のどこが間違いであり、なぜ2MBは違憲的な大統領なのか


デモ隊、もとい国民に告ぐ

苦しい時期だ。他の誰よりも国民にとって苦しい時期だ。参加し率先する国民にとって苦しい時期だ。善良な政府なら、国民の意思が一つにまとまったという事実だけでも、謙虚な態度で事態に対応しなければならない。そして正直でなければならない。しかし現在の大韓民国政府は善良な態度で国民を迎えてはいないということがはっきりしている。

そしてデモそのものに飢えている、一部の旧時代の遺物の残りカス達は、デモといっても何をどうすべきか分からない一般市民を相手に、どうにかしてみようと躍起になっている。

国民は真実を持って叫ぶ。しかし国家はこの真心の声を無視しており、カス達は見捨てられた真心を利用しようと、近寄ってきている。ここでさらに哀れなことは、私が前に書いた「言論のせい、デモのせい…」で問題点として指摘した、保守的な国民達の分別のない行為が、徐々に国民の本当の意志をバラバラにしていくことだ。

なので再び文章を書こうと思う。デモの危機、国民の本当の意志の危機に直面し、私はこの文章を通して事態の本質に直結する
狂牛病危険の実体
韓、米の検疫基準と実体
検疫主権の蹂躙
国家と国民の置かれた現実

についてまとめていこうと思う。この文章が誰にどれだけ読まれるかは分からない。しかし眠っていない誰かに、そして志のある誰かの意識の伸張の助けになれれば。と思う。また、その方々が正直な大韓民国の国民であることを望む気持ちから書きたいと思う。

つづき
[PR]
# by no_kirai | 2008-06-05 02:59 | 牛肉協商と李明博政権

5.18光州ではない。68年フランスなのだ。

以下は2008年5月12日の書き込みです。


2008年5月、韓国の清渓広場で行われている蝋燭、仮面デモは「民乱」である。「革命」ではない。なぜか?一つ。今の学生たちのデモは大多数国民の「現場」支援を受けていないため「勢」が足りない。二つ、時代的な価値観や、体制を「覆す破壊力」が足りない。ただ米国産の牛肉の輸入をやめて、教育自律化を取り消しにすればすぐに止んでしまう類のデモ、すなわち「パン」を与えれば喜んで引き下がる無知な大衆のデモであるからだ。三つ、このデモに正当性を与える、それなりの体系的な思想や、既成の権威がない。いくら新しい勢力の登場だとしても、既存の勢力を「圧倒」できないなら、思想と権威の助けを受け認められる必要がある。しかしこの国の知識人にとっては清渓広場に集まった学生は「理解できない」か、「うかつに近寄ってレッテルを貼るには危険な」集団のようだ。今までのどんな談論も彼らをわかりやすく規定し、力を加えてやることは出来ずにいる。極少数のメディアだけが彼らを事実通りに描き、少壮学者だけが挑戦的に規定するだけで、公論化と体系化はなされることが出来ずにいる。

つづき
[PR]
# by no_kirai | 2008-06-04 08:23 | ろうそく集会(デモ/文化祭)

2MBとは


2MBというのは…

今日で(2008年6月4日)
就任101日目を迎えた、現在の韓国大統領、
イミョンバク(李明博)大統領の、ニックネームです。

日本語で数字「2」は「ニ」と読みますが、
韓国語で数字「2」は「イ」と読みます。

 ちなみに「ふたつ」のような呼び方もあって、
 韓国語では「ドゥル」という言葉となります。
 ↑これはどうでもいいのでスルーしてねw

李(イ=2) 明博(ミョンバク=MyungBak→MB)=2MB

韓国のネット上では李明博大統領への非難が増えてきており、
この場合、入力しやすい「2MB」というあだ名が用いられるため、
「2MBなど、大統領の人格をけなす表現を慎め」などという警告を
審議団体が発するというハプニングもありましたが、それは間違いです。

李明博大統領を大統領候補として推していた「ハンナラ堂」という韓国の政党でも、
「経済は、2MBに任せてください!」というキャッチで選挙活動をしていましたし、
「2MB」という呼び方自体に、侮蔑的な意味合いがあるわけではありません。

このブログでは、打ちやすいという理由で、
2MBと書いていきたいな~。と思います。
[PR]
# by no_kirai | 2008-06-04 00:05 | ネズミ2MB(李明博大統領)