「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

パクジェヨン氏インタビューから抜粋

ろうそく判事だとされ保守勢力の標的となったパクジェヨン弁護士インタビュー

(前略)'キャンドル判事'とされ保守勢力の標的となり、去年の2月、法服を脱いだ彼は柔らかくも優しかった。過激どころかあくびが出るほど穏やかで慎重だった。いろいろ悔しい思いをしただろうと思われるが、怒ったりも誰かを責めたりもしなかった。そうすることが自分を守ることだと言わんばかりに。(中略)

―判事と弁護士の仕事はどう違いますか。

「志向する価値が異なります。判事への評価の基準は正義と人権、法にどれほど符合しているか、記録をどれほど緻密に読み解くか、つまり真実への情熱だといえます。これに比べ弁護士の価値とは、事件をどれだけ依頼人の望む形に導いていけるかにあります。」

―依頼された事件で勝つべきだとうい負担もありそうです。

「当然あるにはありますが…、事件に誠実に接近し、また裁判部に誠実に伝えれば自ずと良い結論にたどりつきます。」

(中略)

―ろうそく集会に関連するアンジンゴル氏の裁判で、'個人的に法服を着ていなかったなら、子供を育てる父の立場から…'と言ったため保守言論の標的となりました。後日、その発言を後悔したりはしませんでしたか。

「私は裁判の命は当事者たちからの信頼にあると考えてきましたし、その信頼は当事者たちとの滞りない意思疎通からもたされると信じていました。法官として生活する間、ずっとそのための努力を傾けています。当時の裁判でも、被告人であるアンジンゴル氏の心境を理解するための努力を、別の事件のときと同程度に傾けたまでです。決してそれ以上でも以下でもありませんでした。個人的には、家の末っ子が牛肉をとてもよく食べるので、私も憂慮したかもしれない、そのようにも考えましたね。もし右翼団体の会員が私の事件が被告人になったとしても同様に、その被告人が事件を起こす当時の心境を深く理解するために努力したでしょう。そのとき交わした会話を後悔したことはありません。同じ状況がまた訪れても同じようにするでしょうから。」

More
[PR]
by no_kirai | 2010-02-25 20:37

おれも左の赤らすいので

「サムスンを考える」出ちゃったっぽい / 意外と売れてるっぽい
本筋には触れもしない後書き的雑談の中からの抜粋ですが。
_____________________________________

サムスンの違法行為を世に知らしめたのち、私は「左アカ」という非難を耳にすることになった。私を「左翼のアカ」だという。このような非難の前ではただただあっけにとられるばかりだ。はっきり言うが、私は左翼ではない。北朝鮮のことを忌々しく思っている。キムイルソン、キムジョンイル父子は、歴史において消せない罪を犯していると思う。

政府の計画が市場の代わりをする旧ソ連式社会主義もまた、まったく魅力を感じられない。当初からこのようなモデルが持続可能だという考えをした覚えがない。ならば、政府が個人の問題にいちいち面倒を見てあげるべきだという福祉万能主義者なのか。それも違う。私は政府が個人の問題を解決するには限界があると見る。また、行き過ぎた福祉は良いことだとはかぎらないと思う。人によって能力の違いがあり、補償もまた差別化をはかるべきだという常識を、あえて否定する論理もまた、説得力がないと考える。

それでもある者たちは、絶え間なく私を「左アカ」だと呼ぶ。このような主張通りなら、私は北朝鮮、社会主義、福祉万能主義をすべて嫌う「左アカ」ということになる。そのような左翼、アカがいるという話を聞いたことがない。

More
[PR]
by no_kirai | 2010-02-12 09:05

サムスンを考える。そこそこ売れてるようで

こういう本は黙殺されるのが落ちだと思ったのに。意外としぶとい。
火曜日の著者との講談会での発言のまとめ記事から転載してみた。

1.この本がベストセラーになるとは思わなかった
2.最初は3万冊ぐらい売れてほしかったが、今は100万が目標(笑)
3.本が少々高いが、私は安くしようと思ったんだが、出版社の決定による価格
4.本を書くのはこれで最後。後篇の予定はない
5.本を発行することが難しかった。ほとんどの出版社に断られた。社会評論という会社に発刊してもらった
6.本の発行を金曜日の夜にしたが、これはサムスン首脳部が休む日で、彼らが組織化する前に本をばらまいた
7.本の発行を準備する段階で、サムスン側に認知されていたが、いろんな理由(旧友の包摂など)で発行にこぎつけた。
8.私は政治をするつもりがない。これぐらい(サムスン内部告発と本の発行)していれば自分の役割は終わったと考える。残りは貴方達の分
9.自分は今まで美味しい汁をすすってきた人間。認める。会社にいたころ大金をもらっていたが無駄遣いし今は大金は持っていない
10.私と私の子供たちが韓国で正常な社会生活/就業生活をできなくなることは承知している
11.検事生活時代も政治圏と妥協して捜査するかしないかを上のほうが決めた。
12.本が100万人に読まれれば、韓国社会も少しは変われるかもしれない
13.この本は30歳以下は読まないでほしい
14.私はサムスンの首脳部(イゴニ一家を含む)を非難しているのであってサムズン全体を非難しているわけではない
15.サムスン首脳部とは、たかが50~250名
16.私が首脳部で働いたのは1年6カ月あまり。これぐらいいて会社の機密を知りえた
17.糖尿があって健康はよろしくないが、医学が発展しているので長生きできるかも。DJも糖尿発症から30年生きられた。
18.違法行為を行うか行わないか決められるぐらいなら、その人はある程度成功した位置の人だといえる。たぶんここに来られた方々のほとんどはそんな苦悩をしなくてもすみそうだ(場内笑)
19.たまに弁護士倫理(依頼者の機密保護)から自分が通った会社を批判することは道理じゃないという人々がいるが、私はサムスンに職員として就職したのであって弁護士としてサムスンのために働いたつもりはない
20.自分は今もサムスン製品を使っているし、家族はサムスンの株すら買っている。
21.本を準備するとき、自分がサムスンのリンチに合うこともあり得ると思ったが、本がここまで認知されれば、リンチの心配はないと考える
22.かつては本を書店ですべて回収し社会に流れることを防いだと思うが、いまはインターネットのせいでそうもできない。世の中が変わった証拠だ。
23.全盛期のころ、親戚にアパートを買ってやったり、デパートで一着千万ウォン以上の洋服を買ってやったりしていた。
24.ルームサロンに行けば、きれいな女性が多すぎる(検事時代、サムスン時代など)
25.検事/判事たちもいろんなところから賄賂をもらう
26.サムスン特検のとき、まともに捜査するなら検事50名ほどが2~3年すべき内容だったが、実際は特検は数カ月で打ち切り、さらには私(告発者)に会ってさえくれなかった(笑)
27.被疑者らが大検に出席すれば、実は30分程度で終わる。なのに1日経ってから出てくる。ショーだ。中では寝たり検事と冗談を言い合ったりご飯を食べたりして、夕方は無駄に事務室のあちこちに灯りをつけたりする。実際はそこで寝ていたりする。(笑)そして出るときは疲れたふりをする。スカーフで汗をぬぐったりと。
28.携帯はAnycallからiphoneに変えた。
29.サムスンが自ら変わる可能性は無い。

若い人に(韓国社会に)絶望してほしくないため13番のようなこと言ったらすい。
[PR]
by no_kirai | 2010-02-12 07:50

大サムスン民国からお伝えします☆

ども、新聞なんて信用しない僕です(ハンギョレ、京郷含む)
ハンギョレなんて似非歴史学を推しまくりでやになっちゃうよ☆
それはともかく本の紹介ですにゃ~これ載せたかったんだにゃ
________________________________________

キムヨンチョル新刊<サムスンを考える>日刊紙広告完全封鎖(プレシアン、2010年2月3日)

社会評論(*出版社名)広報チームは<朝鮮日報>と<毎日経済>広告局と口頭契約をすまし先週末から広告試案を制作した。しかし月曜の2月1日<朝鮮日報>側が「広告の内容は何だ」と聞いてきて状況が変わった。キムヨンチョル弁護士の新刊広告と知った<朝鮮日報>は「広告を掲載できない」と立場を変えた。

これを受け社会評論は<中央日報>と<東亜日報>に連絡し次の広告を載せる口頭契約後、締め切り時間の午後5時に間に合わせて広告原本を渡した。広告の大きさはA4ほどの大きさの9段X21cm。しかし広告原本を見た<毎日経済>、<中央日報>、<東亜日報>どちらも'広告を載せられない'と通知してきた。

社会評論の制作した広告は「イゴニよりサムスンが、サムスンより大韓民国が大事だった。大韓民国は私に、何が合っても正しくあれと教えた」というコピー、本の表紙、キム弁護士の略歴で構成されている。比較的平易な内容の広告試案であるが言論がすべて拒否したことになる。

彼は「某新聞社広告局では、口頭で紙面を契約したということで、担当者がかなり責められた模様」といい「某新聞社は'広告単価が合わない'という理由を切り出したが'いくらなら釣り合うか'という質問には解答がない」と話した。

彼は「この本がかなりの波紋を起こしており、敏感な内容も多く含むため、サムスングループと直接関連のある<中央日報>などには広告を載せることが簡単ではないだろうと考えた」といい「しかし<メトロ>やほかの新聞にまで一斉に完全封鎖されるだろうとは思わなかった」と困った心境を吐露した。

___________________________________________________

朝中東は元々載せっこないだろって意見もあるが、載れば読者を救出できるよなwww
この国がサムスンとそのワン子の統治する国だって、みんなが知ればいいじゃない☆
異例的に売れている!が「サムスンが買いこんでるんだろ」という冗談もwwおいww
[PR]
by no_kirai | 2010-02-07 03:43