「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

もうこの国には


クーデターを起こし、光州を血に染め、29万ウォンしか入ってないが尽きることのない財布を持っている者と、

その者の下で「私は普通の人です」云々して大統領に選ばれた者、

そして数多くの人々を路上に立たせ、自殺に追いやり、経済を滅ぼしたのは金大中だと言った者と、

国が傾こうが社会がおかしくなろうが、自分の教会と兄弟姉妹だけをただただ大事にする者だけが残った。

大統領たる者など、もういない。
[PR]
by no_kirai | 2009-08-20 08:16

独裁でもファショでもない、イミョンバクの民主主義


イミョンバク政府への批判が高い。民主主義が後退しているという慨嘆を超えて、いまは独裁政権が復活したという話まで出てくる。はたしてこのような主張はどれだけの実効性を持つだろう?問題は、こんな発言や主張からイミョンバク政府の実態についての真摯な省察を見つけるのは難しいという事実だ。イミョンバク政府を独裁やファシズムのような'絶対悪'と規定して批判するのは、複雑な事案を鮮明にさせることはできると思うが、本当に重要な事案を覆ってしまうかもしれないところがある。'イミョンバク反対'という可視的なフレーズに便乗して、いろんな権力の複合体であり葛藤の具現体であるイミョンバク政府の問題を'イミョンバク'という'顔役'の問題に還元するだけでなく、進んではイミョンバク政府を出現するしかなくさせた客観的な脈絡をないがしろにしてしまうこともあり得るのだ。

More
[PR]
by no_kirai | 2009-08-08 21:46

私達は何故イミョンバクを選んだのか


(2008年7月)

1.

多くの人々が、ろうそく集会の自由発言台で「私がイミョンバクを選びました。ここまで来るとは思いませんでした。私の手を切り落としたいです」と三つの文章で予約できる懺悔の言葉を述べていると聞きました。

ほれみたことか。なぜ私達は彼を大統領に選んだのでしょう?多くの方々が指摘するとおり、実は今の彼が、以前のキャラクターに反する違う姿を見せてくれているわけではないんです。むしろ当選後にまったく違う動きを見せたことでいうと「ノムヒョン-お前がFTAを推進するとは思わなかった!」「キムデジュン-お前があれほど過酷な構造調整を行うとは!」「キムヨンサム-お前が韓総連を袋叩きにするとは!」などがずっと意外だったでしょう。彼らはすべて、当選後、進歩勢力から「お前がこんなことをするとは思わなかった」といわれています。

しかしイミョンバクは違う。大運河、民営化、教育政策、対北政策、何一つを取っても、イミョンバクもしくはハンナラ党と似合わないものは存在しない。選挙以前にも数多くの人々がこのことを指摘しつつ、どうかイミョンバクだけは選ばないでくれと哀願し、説得し、脅迫しましたが、とにかくイミョンバクは去年の12月、かなり大きい票差で当選し、暖かい年末を迎えました。

More
[PR]
by no_kirai | 2009-08-08 07:10

本当の愚民はお前らだ

1.
私は朝鮮日報の愛読者(!)だ。朝、地下鉄に乗り出勤をするときは、いつも朝鮮日報を読むことで一日をはじめる。なぜかって?まず、会社の業務のためには朝鮮日報を読まなければならない。しかし、たしかにそれだけではない。まず、朝鮮日報は江南の中間階級の世界観と利害関係を的確に反映しているため、読む必要がある。

そして朝鮮日報は記事も上手い。朝鮮日報を読むたびに感じる事実は、朝鮮の記事の品質が他社に比べてずっと高いという事実だ。同じTV、同じ携帯、同じスペックのノートでも品質が違うように、同じ内容を扱った記事を比べてみると違いが大きい。会社ごとの記事クオリティーを評価するとすれば、朝鮮日報の記事は中央やハンギョレよりずっと先を行っている。

しかも情報量もずっと多い。運動圏インテリの世界観から一歩も離れられないハンギョレ新聞と違い、朝鮮日報の記事らは、実際の現場で何が起きているかがわかる情報が多く、素早く提供してくれる。しかも分析や加工も上手い。イデオロギーのフィルターさえなければ、本当に朝鮮日報のファンになったかもしれない。

More
[PR]
by no_kirai | 2009-08-08 01:30