<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

やっぱり朝鮮、中央、東亜は最高の新聞だわ!><


多すぎて数個だけ取り出したわ >< 3大新聞、マンセー(万歳)!

朝鮮日報 [社説] 狂牛病、ちゃんと知らせるべき 2001.02.07

朝鮮日報 狂牛病患者の数は'氷山の一角' 2001.05.15

朝鮮日報 [科学] 人間狂牛病。病にかかった牛肉を食べると感染…死亡率100% 2002.04.21

朝鮮日報「米国には狂牛病牛がもっとあるはず」 2004.02.13

朝鮮日報 [社説] 米牛肉の安全を信じさせる責任は米国にある 2007.08.03

中央日報 私たちの先祖たちも狂牛病を警戒した 2002.02.22

中央日報「米ワシントン州、去年7ヶ月間狂牛病検査は皆無」2004.01.16

中央日報 米・英、人間狂牛病患者を確認 2004.03.17

中央日報 [社説] 米牛肉、検疫をしっかりしてから開放を要求すべき 2007.08.03

中央日報 国民10名のうち7名が'骨付き米牛肉の輸入に反対' 2007.10.19

東亜日報 けしからん狂牛病!韓国人をなめてるのか?米・英国人より(韓国人が)危険 2007.3.23

朝鮮日報 [社説] TVの狂牛病ほら吹きが度を過ぎた 2008.05.01

東亜日報 [社説] 誰のために米国牛を'狂牛病牛'だと扇動するのか 2008.04.23

中央日報 [コラム] 扇動ドラマの快感 2009.06.21 ←から抜粋(前略)PD手帳は韓国人の体質を貶した。韓国人の人間狂牛病の確率が高いと報道した。それは悪意的歪曲であることが明らかになった。先祖から譲り受けた民族の健康な体質を侮辱したのだ。その悪談は民族主義感性が豊かな若い世代を傷つけた。韓国人は世界的な新種インフルエンザにもびっくともしないというのに。(中略)左派勢力の中で過激な三流左派たちが、躍起になっている。彼らは怪談の生産と流布の誘惑に陥りやすい。政府は事実とウソを分離、遮断する力量を持つべきだ。(後略)


………



…そ、そうよ!すべてPD手帳の、歪曲、扇動のせいだったんだわ!

わたしは、扇動に巻き込まれた哀れな羊だったのよぉーーー!

ごめんなさいMBさま…これからも、朝中東を熱読しますね!

扇動した左派勢力って朝中東のことなんじゃないの しっ!

閣下のように朝中東を見比べて、バランスの良い「中立的視覚」を育てましょう

(ほかのメディアやネットは左派、親北、反米、反政府ですので気をつけて下さい)
[PR]
by no_kirai | 2009-06-22 03:11 | 朝中東と韓国言論

[用語] ノムヒョン支持者とノファン(노빠)

ノムヒョン支持者
→ ノムヒョンを韓国社会の進歩のための段階的次善だと判断し、選択した市民。

ノファン (*ノ厨と訳すこともできる)
→ ノムヒョンという象徴的人物を基準にして物事の秩序を判断する信仰人
[PR]
by no_kirai | 2009-06-19 04:23

イランデモに対するオバマの発言への韓国言論の反応

<6月17日午前11時>

東亜日報 - なし

朝鮮日報 - なし

More
[PR]
by no_kirai | 2009-06-17 16:00 | 朝中東と韓国言論

金大中 vs 金泳三


6月11日。キムデジュン前大統領の、6.15南北頂上会談9周年特別演説σから抜粋

More
[PR]
by no_kirai | 2009-06-13 03:17

誰がノムヒョンを殺したか


この記事からの抜粋。あんまり中身のない記事だったが、訳したのが勿体無いのでせっかくだから投稿しておく。


(前略)

今までの6年間の多くの事例が証明したように、韓国の既得権集団はノムヒョンを大統領だと認めなかった。これらはDJも大統領としては気に入っていなかったが極右といわれるJPと連合してしまったため、悔しくても我慢するしかなかったし、何よりもYSが大統領をしていたので、YSと韓国近代史の双璧だった彼の執権を受け入れるしかなかった。

More
[PR]
by no_kirai | 2009-06-12 20:38

前提が間違っています。


ノムヒョンのジレンマへの反応から。

_______________________________________________


パクヨンチャとノムヒョンは昔から知り合いだということです。親しい間柄ならば、たとえ職務と関連があっても、ないと見るのが判例の立場です。(大法院 判例 2001도3579)

検察が言論プレイで得ようとしたものの中には、2人の間の軋轢を作り、裁判部に2人の関係を私的な親しみではなく利益のためのものだと解釈させようとする意図もあっただろうと考えられます。

_______________________________________________

More
[PR]
by no_kirai | 2009-06-12 14:04

言論の問題ではない。私たちすべての問題だ。

(キムジンヒョク EBS PDの書いた記事から)

なぜ今になって気になったのだろう?永訣式を見終え、インターネットに入り「包括的賄賂罪」と打って検索をしてみた。探してみると目を疑う事実がわかる。包括的賄賂罪は刑法上に存在する犯罪ではないという。

「じゃあ、どうして刑法上に存在もしない法を持って、処罰をしようとしたんだろう?」という疑問の次に「どうして私はこんなことすら知らなかったんだろう?」と不思議に思った。一応、放送社のPDであり、いわゆる'知識'なんたらプログラムを作った私が、実は本当に無知だったんだなと、反省の念がわいた。とにかく、気になってもう少し検索をしてみると、包括的賄賂罪というのは法院の'判例'に根拠したもので、そのきっかけがチョンドゥホァン、ノテウ前大統領の賄賂授受嫌疑を処罰するために決めたものだと。

「チョンドゥホァン、ノテウ前大統領とノムヒョン前大統領を、同じ判例を持って処罰するわけだ?」

ま、それは置いておこう。ところで、また知らなかったことがひとつわかる。包括的賄賂罪が成立するためには、'直接'金をもらわなければならないという。

「ノムヒョン前大統領は直接金を受け取ったわけではないだろ?どういうことだ?」

もう少し調べると、そのためノムヒョン前大統領を、一種の包括的賄賂罪の「共犯」に見なしたのだという。家族が金をもらったので、当然知っていただろうという'常識'と'情況'に立脚し、'共犯'だと見なすのが妥当だと考えられるため、それで知っていただろうと推測し、証拠を探したが、証拠は出なかったものの、しかしながら'常識'と'情況'に立脚して観ると、当然、家族が受け取ったなら知るしかないではないか?とにかく当然知っているはずなので、したがって包括的賄賂罪を適用できるが、これは包括的賄賂罪の成立条件である直接金を受け取ったケースではないが、とにかく家族が受け取ったので当然知っているだろうし、しかし証拠が出ないものの、それでも包括的、ふう…。

More
[PR]
by no_kirai | 2009-06-06 08:35 | 朝中東と韓国言論

ニュースで振り返るパクヨンチャ事件


パキョンチャという者はハンナラ党の釜山地域・財政委員長を務めたほどに権力の周りをさまよう人物だった。そのためノムヒョンが大統領になったとき、当然、ハンナラ党でやったことと同じように、金を無差別にばら撒く工作をした。前の大統領選挙が迫った頃、つまりイミョンバクの勝利がほぼ確実になった頃、彼は保険をかける戦略に出た。イミョンバクの兄、イサンドクと親しい間柄のチョンシンイル(ナモ旅行社・会長)に金を与え始めた。しかし、イミョンバクの執権後、いゆゆる親ノ勢力の金づるだとされ、結局は税務調査の標的になる。このような税務調査を無効化させるために現政権のあらゆる人に対して金をばら撒き始めるが、問題は、これが摘発して検察につかまったことから始まる。

関連記事:パクヨンチャはハンナラ党の財政委員長だった。

>もともとはパクヨンチャが標的であったし、ハンナラ党の別の派閥の賄賂の事情を調べていたところだった。ハンナラ党の賄賂事情も、親パク議員であった可能性が高い。
>慶州補欠選挙で見られた状況は党内分裂だったが、それを裏付けている。

関連記事:パクジウォン、「親パク議員らを圧迫するために、イサンドクがパクヨンチャの税務調査をハンサンリュルに指示した」

>今だって親パクと親イは犬猿の仲だ。

つまり、最初のパクヨンチャ拘束の理由は、現政府の人事らに対する賄賂の嫌疑のせいだった。

ところが、パクヨンチャは検察にプレゼントを与える。
「望むとおりに話すので、私の事業だけでも見逃してくれ」と。

More
[PR]
by no_kirai | 2009-06-01 08:55

表情(TB用)


政治家は表情管理が命(薫のハムニダ日記さん)

上の記事に対して、コメントで収まらないのでトラックバック

More
[PR]
by no_kirai | 2009-06-01 02:16 | ネズミ2MB(李明博大統領)