<< どう足掻いても叩かれるノ・ムヒョン 警察は何のためにあるのか。 >>

進む言論掌握(その3)

[σ] 政府がNaverやDaumのようなポータルサイトを閉鎖できる権限を持てるようにする法案が推進され、波紋が予想されます。文化体育観光部は違法複製物を上げるカフェやブログを放置して3回以上科料処分を受けたポータルサイトに対し、文化部長官がインターネット接続遮断を命ずることができる著作権法改訂案を立法予告しました。

このような命令が下れば、KTやハナロ通信のような情報通信網業態は、該当ポータルサイトへのインターネット接続そのものを遮断しなければなりません。ポータルサイトが閉鎖になれば、該当サイトのカフェ・ブログ・Eメール使用が全て中断され、とてもつもない混乱が予想されますが、政府は著作権保護のために来年から施行に入る予定です。


著作権保護のためにポータルサイト全体を接続遮断するというのも可笑しいことだが…この法律が実際にどんなことに使われるかは目に見えている。今は本当に2008年?正気を疑うよ(政府の言論に対する姿勢が分かる動画σ

言論とは関係ないが:落選者天下り集中投下[σ] ノムヒョン政権時代、微弱なコード人事にも騒いでいた連中(主に朝中東)が、今は一言もない…

李明博のお言葉
BBKと自分は関連がない
→自分が作ったと大勢の前で話してるし
全財産を社会に還元する
→していない
私の政権で天下りはない
→独裁政権を彷彿とさせる規模

[PR]
by no_kirai | 2008-07-22 13:28 | 解説 & 番外記事
<< どう足掻いても叩かれるノ・ムヒョン 警察は何のためにあるのか。 >>