<< 今のソウル市庁前の「芝生広場」... 牛肉協商とノムヒョン政府 >>

進む言論掌握

放送通信審議委員会(委員長:パク・ミョンジン)は、16日<文化放送>'PD手帳'が去る4月29日と5月13日に放送した「米産牛肉、果たして狂牛病から安全だろうか」1,2回に対し、「視聴者に対する謝罪」制裁を加えることを議決した。この日の議決は審議委員9名の中で3名が途中で退場し、大統領とハンナラ党が推薦した委員6名だけが参加した中、進められた。(訳注:PD手帳は「誤報論争」についての放送もし正面突破を図ったが、審議委員会の攻撃は止まない)


YTNのク・ボンホン(訳注:李明博キャンプの放送特別補佐官)社長内定者に対する株主総会議決が、電撃的に行われた。(訳注:30秒で決まった)YTN労働組合員と市民達200余名は、17日8時から、株総が開催される上岩洞DMCヌリクンスクェア3階会議室を占拠しようとしたが、社側が雇った人々の阻止で入場できなかった。
[PR]
by no_kirai | 2008-07-17 12:19 | 朝中東と韓国言論
<< 今のソウル市庁前の「芝生広場」... 牛肉協商とノムヒョン政府 >>