<< <朝鮮日報>の記事の書き方 ネチズンと朝中東の戦争~地に落... >>

4年前の彼らはどうだったか。

4年前、2004年10月5日、市庁広場で、
警察推算10万名の保守団体デモがあった。

当時の記事を探してみたら・・・










1.趙甲済(チョ・カプジェ)氏の意見

b0141567_0474992.jpg

趙甲済元「月刊朝鮮」代表が4日、
10万保守勢力が集まった市庁前の集会を見て感激、
自分のウェブサイトに「国民抵抗の始まり-歴史が動いた日」という文章を書いた。

趙代表は続けて「この日、参加者達はノムヒョン大統領を大統領扱いしなかった」とし
ノ大統領を「憲法精神と大韓民国の建国精神を違反した憲法違反犯罪者」とまで表現した。

彼はまたデモ参加者の青瓦台行進を阻止したホ・ソンゴァン行政自治部長官に対し…(以下非難)








2.集会参加者の数

b0141567_0495162.jpg
上の写真が10万ということだが、
ろうそくはあれの10倍でも5万ry









3.政治権の反応

b0141567_0502891.jpg


野党のハンナラ党は「民心と天心の爆発」だとし、
与圏に対して「民心に順応せよ」と促した。(中略)

第2事務部総長も「なぜ<政権退陣>まで言うようになったか認識すべきだ。
これを扇動だと罵倒すれば、国民的な災厄を呼ぶことになる
」と主張した。







4.デモに対する2MB(ソウル市長)の態度

b0141567_0525549.jpg


ソウル市は、これまで「ソウル広場の使用及び管理に関する条例」により、
政治的な性格の集会は許可しないという立場を対外的に公表してきた。

(中略)しかしソウル市は「国家保安法廃止を反対する意志を示すために
警察の阻止を突破し、青瓦台まで行進してみせる
」と、政治的な性格を
公然と表す今回の集会は何の手出しもなく許可し、論難になっている。

警察によると広さ4408坪のソウル広場が受容できる人数は7万名足らず。

一方、市庁広場集会の認可業務を担当するソウル氏総務課の関係者は
「政治的な性格に関係なく、集会として申し込めば許可を出している。
市は集会の政治性を判断する必要がないと思う」
といい、
これまでの公式的な立場とは違う態度を見せた。







5.朝鮮日報の社説

b0141567_055237.jpg


現政権において、最高規模の<反政府>性格のデモだ。
(中略)
人々を街に集まらせたのは現政権だ。
現政権が率いた
これまでの1年8ヶ月間の国政が、人々を街に出させた。
(中略)
<反米>と大統領弾劾反対ろうそくデモは国民の意志だと尊重した現政権だ。
なのに市庁前に向かっては「国民を不安にするな」と警告している。このような
政権の二重的な態度は、国を心配する世代をさらに街へ追い出すはず
だ。



おまけ:私学法反対ろうそく集会+街頭行進を楽しむハンナラ党員達(3年前)


街頭行進もしてるし、「ノムヒョンを断罪せよ!」と高らかに叫んでいるのではありませんかぁ~


それはいいけど… ろうそくを持っただけで反乱分子扱いされる2008年の大韓民国はどうだろう


市民の最小限の権利を踏みにじるお前らにシビれないし憧れない…然るべき報いを食らわしてやらねばな
[PR]
by no_kirai | 2008-07-12 01:06 | 解説 & 番外記事
<< <朝鮮日報>の記事の書き方 ネチズンと朝中東の戦争~地に落... >>