<< 5月米調査団「カメラさえ持って... カンマンスの蛮勇により吹き飛ぶ外貨 >>

[用語] カンマンス(人物)

姜萬洙(カン・マンス)

ある意味、失われた10年を取り戻させた男。

以下はNaver知識inから。

Q :企画財政部長官、カンマンスについて
2008.06.03 09:20
IMFを呼び寄せたキムヨンサム政府の経済部総理カンマンスが、どうして、また器用されました?











re : 企画財政部長官、カンマンスについて
2008.06.08 12:43
長くは話しません…
簡略に代表的なことだけまとめましょう・・・
以下は私個人の見解です。

1) 李明博政府の747政策、つまり経済成長率7%を達成するためには輸出ドライブ政策を使うしかなく、これに必要なものが、高換率政策です。従って経常収支の黒字の幅を伸ばすべきだという強い信念を持っているカンマンス、現・財政部長官が再起用されたと思われます。
- 今のこのような政策は、韓国経済がそれでなくてもつらいのに、さらにつらくしています。なぜならレートを市場に任せず政府が介入しすぎてウォン・ドル相場を奇形的にしてしまったからです。従って原油の値及び原資材の値の上昇と為替の上昇が加わり、物価及び油類価格を急激に上昇させた要因でもあります。

2) 李明博政府のラインはとても狭小であり、保守(?)的だといえます。各部の長官及び青瓦台の首席の特徴を分析すると、いわゆる「江南の金持ち」「高麗大出身」「ソマン教会信徒」「嶺南の既得権」に限られます。つまり、人材の幅の狭小さにその原因があると思います。

3) 2番の内容に似ていますが、カンマンス長官は05年ソウル市政開発研究院長を歴任しており、大統領職引受委員会の幹事としても活動しました。李明博大統領と前から親交があったということです。一度人を信じると、最後まで信じぬく性格の李明博大統領の趣向を考えると、カンマンスの長官起用はおかしいことでもないと思われます。

4) 最後に、国会聴聞会の時に、IMF事態の責任の他にはこれといった問題がなかった(?)ということも器用できた要因だと思われます…

もちろん色んな要因があるでしょうが、各種新聞及び時事資料を通じて得た私の考えでは、上記のように羅列できると思います。

個人的な意見を何個か付け加えますと、現政府の経済政策は言葉どおり高成長率達成という短期的な政策に執着しすぎだと思います。高換率政策、公企業民営化、労働の柔軟性の拡大、そして李明博政府で死活をかけて無数の反対を押し切って推進中の大運河など…

上記の経済政策が持続的に推進されるとき、韓国経済の両極化は酷くなり、庶民経済はとても苦しくなると思われます。つまり2%だけのための政策という話です。
国民達の反対で、近頃高換率政策にブレーキがかかったとは思いますが…経済政策基調には変化がないため、これからIMF以上の大事故を起こしそうで、とても恐ろしいです…

それでは…

PS:現在のハンスンス国務総理も…過去のIMFの時のあの人ですし…




以下は掲示板のコメント


この世のどこの国も、国家を破綻させた主犯を再びその場に座らせることはなかった。李明博を下ろさなければいけない理由がここにもあるのだ。カンマンスとハンスンスが誰だったか?彼らはたった10年前、キムヨンサム政権の時、今日のその座にそのまま座り、総理と経済部長官を勤めていた野郎どもだ。そして大韓民国が倒れることになるたった1ヶ月前までも、絶対にそんなことはないと嘘を言っていた奴らだ。もちろん朝中東も加わり新聞によって国民の目と耳を塞ぎ騙した…結局、IMFは大韓民国を襲い、未だにその責任を負う人は1人もいない。だからこそ、カンマンスとハンスンスは絶対に、今の政権で器用してはいけない人であることを、知っていながら押し通したのだ。




俺の場合…ろうそく集会に恐れをなした(ふりをした)2MBが、
謝りつつ内閣を辞退させると言い出したときに
少しは期待していたのが事実だ…しかし…
それもふりだった…経済チームはそのまま温存した
[PR]
by no_kirai | 2008-07-06 12:51 | 解説 & 番外記事
<< 5月米調査団「カメラさえ持って... カンマンスの蛮勇により吹き飛ぶ外貨 >>