<< 2009年のキャンドル集会は成... 5月2日夕方。歓呼の舞台と恐怖の街 >>

SBSが狂ったようです

SBS。気でも狂ったのかー

< 8ニュース >

警察が民主労総のような進歩団体の集会を組織的に妨害してきた情況がSBSの取材で明かされました。集会がありそうな場所を、ほかの団体が先取りするように誘導してきたという疑惑です。

いわゆる防御集会留置方式ですが、イホゴン記者が取材しました。

< 記者 >

ソウル警察庁で、先月22日、一線署に送った情報情況報告書です。

今日(1日)に予定されている民主労総の労働説集会申告の内容と、この集会を禁止する予定だという措置内容が出ています。

集会禁止理由の一つに、民労総が集会場所に申し込んだソウル広場周辺に、すでにほかの集会が申し込まれ、集示法によって、許可できないという点をあげました。

ソウル広場集会が禁止されたことで、民労総は여의도 문화 마당に集会場所を変形せざるを得ませんでした。

問題は、この過程で、警察が組織的に介入したという疑惑が提議されているという点です。

ソウル警察庁が、集会が予想される主要地点などは、ほかの団体や企業の集会申告を受けているといって民労総や進歩団体の集会を禁止させろと一線署に支持したと、情報業務を担っている警察官が明かしました。

この支持に従い、一線の警察官らは、防御集会という名で、名ばかりの集会申告を受けてきたということです。

[警察関係者 : 民主労総の労働説とキャンドル1周年、都心圏集会集中申告が予想されるからそれを防げということです。集会申告がないように管理しろと。]

こんなふうに場所を先取りした団体らは、申告しただけで、集会を行なっていません。

しかし、この団体の数々は、警察の要請ではないと否認しました。

[関連団体の関係者 : ((集会を) なぜやらないのですか?) 集会申告をしたけれど、事情ができて、やらないことにしました。]

警察は道路占拠など、違法デモになる可能性があり、集会を防いだのだと釈明しましたが、憲法が保障する'集会とデモの自由'をないがしろにしているという指摘は避けられそうにありません。


犬察が民主労総の集会を違法化させるために、ありもしない集会を作ったという内容でしたが、
犬察がああなのは周知の事実ですが、ショックなのは、この記事がSBSで報道されたこと。
かなりのスクープだと思って、報道してしまったんでしょうか。
スクープの快感はデスクの政治性向までマヒさせるのでしょうか…
(訳注:絶対にお咎めがあるはずです。ぶったまげたな…)
[PR]
by no_kirai | 2009-05-04 16:10 | 朝中東と韓国言論
<< 2009年のキャンドル集会は成... 5月2日夕方。歓呼の舞台と恐怖の街 >>